お知らせ

  •            

         

  • 2020/12/14      

    新型コロナウィルス対策として、空間除菌消臭装置のエアロピュアを、診察室と待合室に導入しました。

  • ・搭載されている深紫外線LEDが、新型コロナウィルスに有効性があると、確認されています。
    ・ウイルスやにおいの元となる菌やアレルギー物質を除菌、分解し99%以上減少します。
         

    他にも、院内は、カテプロテクトによる99.9%抗ウイルス加湿除菌の加湿器を使用しています。

  • 全スタッフマスクを着用し、定期的な換気・アルコール消毒を実施しております。
    また、皮膚の触診が必要な時には、毎回手指のアルコール消毒を行っております。

    上記の通り、当院では感染症対策を講じた上で診察を行っております。健康保険法の診療報酬算定に基づき、令和3年4月より初診・再診すべての患者さまに「医科外来等感染症対策実施加算(5点)」を算定させて頂きます。
    安心して院内でお過ごしいただけるように今後も努めていきたいと思います。
         

         

  • 2020/6/23      

    当クリニックでは、「唾液を用いたPCR検査」は、行っておりません。

  • 2020/4/28      

    通常通り診察しています。(休診日の水曜日、土曜日午後、日曜日、祝日を除く。)
    診察時間も通常通りです。
    当クリニックは、ご予約頂くことも可能ですが、ご予約なしでも診察させて頂きます。

  • 2019/6/7 インターネット予約システムについて

    新システム導入により、スマートフォン・PC対応になりました。
    予約が取りやすくなりましたので、ぜひご活用ください。

    予約システムはこちら。

  • 2016/5/19 訂正のご案内

    「おおた医療BOOK 2016」には休診日が木曜日となっておりますが、正しくは水曜日です。

主なQ&A

  • Q.目の下にある小さなブツブツが気になります。良い治療法はありませんか?

    A.汗管腫は顔、特に目の周囲にできる1~3ミリの良性腫瘍です。最近では、炭酸ガスレーザーの細いビームで皮膚の盛り上がった部分だけを焼き、周囲の正常な皮膚と同じ高さにする方法が広く行なわれています。

  • Q.レーザー治療でシミが取れると聞きましたが、どの程度取れるのでしょうか?

    A.シミは医学的には3種類に大別されます。 最も多くの人に見られるシミが、老人性色素班と呼ばれるもので、幼いときから長期間にわたって紫外線を浴びた結果として生じるものです。次に、女性ホルモンの影響が強く、妊娠や婦人科の病気がきっかけでなりやすい、肝班というシミがあります。 さらに、化粧品に含まれる香料などが原因で、かぶれを起した結果、シミになる場合もあります。 この内、レーザー治療に適しているのは、最初に述べた老人性色素班だけです。

  • Q.レーザー治療でほくろを取りたいのですが、どのような方法でしょうか。

    A.レーザーを用いた治療法は、アレキサンドライトレーザー、炭酸ガスレーザーがあります。
    ほくろのレーザー治療は、大きさや形、色合い、ある部位などによって、治療方法が異なります。ぜひ一度ご相談ください。

  • 上記画像をクリックしていただくと、自由診療(レーザー脱毛、しみやほくろ 等)の料金表がご覧いただけます。※美容及びレーザー予約のご予約はwebでは出来ません。直接お電話にてご予約ください。

         

診療を受けられる方へ

  • 初診の患者様、月初めの診察には必ず保険証をご持参ください。
  • 診察内容や予約の有無により、順番が前後することがございますのでご了承ください。
  • 本院では各種保険を取り扱っております。
  • 診察券は大切に保管し、来院の際は必ずご提出ください。

※日曜日、祝日は休診です。
※美容及びレーザー治療のご予約はWebでは出来ません。直接お電話にてご予約ください。